広スタ外伝⑤!広島は『ワイン』も一級品!『ワイングラス』が欲しくなるで~!

時々地元のニュースで見る三次ワイナリーさんのワイン!
いろんな種類があるんじゃの~(受賞歴半端ないな)

出典元:https://www.miyoshi-winery.co.jp/prize.html

個人的には酒類を飲まないけど贈答品に買うことが多い
50代ともなると大概の方は味にうるさい(言わないけどね)
そのためわしは広島ワインを選んで贈答してる(特に限定品ね)

これが結構評判がいい(お酒飲みには辛口がいいそうです)

んで・・

三次ワイナリーさん等県内のワインや日本酒を買って送ってる、
その中で気づいたのが・・予想以上に種類が多いんよ(だな)
それもあって毎年銘柄を変えて送っている(好評みたい)

さて・・

サッカースタジアムもそうじゃが広島にもっと元気が欲しい、
皆が集まる場所でお酒があると賑わうのでは?(それはあるな)
そうなればいいな~と感じるこの頃です(願いが叶いますように)

その時はこのワイングラスで!

出典元:http://e-vpoint.sanfrecce.co.jp/fs/hiroshima/c/riedel

では進行役を交代します!

・・・

・・・

ポーン 『暇ですね~(女性指導者たちの店で店番)』

僧正 『木曜日だから仕方がないわよ、人もまばらだしね』

出典元:https://search.yahoo.co.jp/image/search紙屋町シャレオ

ポーン 『・・・(奥の事務所に目を移す)』

遡ること一日前・・

僧正 『いい加減に離して!あなた達は書類整理をしてください、
私たち2人で広島を調べますから業務に専念してください!』

若手C 『(涙目)そんなこと言わないで~(掴んで離さない)
私たちを見捨てないで~(護衛任務が無いと広島で遊べない)』

ポーン 『えっ?何ですかこれは?』

若手E 『発信機よ(笑顔)黙ってこれを装着してね(魔顔?)
あと明日店番をお願いね!』

ポーン 『えっ?明日は定休日ではないのですか?』

若手G 『許可は貰っているわ(魔顔?)明日店番をお願いね、
あっ逃げたらダメよ、また一緒に動きましょうね』

・・・

こうして若手たちは溜まった書類整理の為店内の事務所に籠った、
僧正とポーンは店番を余儀なくされる(発信機を付けられる)
本来は定休日なのでお客さんが全く来ず・・ひたすら暇だった。

ポーン 『でも今書類整理する必要あるのですか?』

僧正 『あれだけの量だから早めに済ませたいんでしょう、
でないと・・どんどん溜まるからね(今でも前の倍)
データーだと見落とす可能性があるから紙にしてるそうよ』

事務職の天敵だな⇓

Stack of papers in office.

出典元:https://search.yahoo.co.jp/image/search書類の山

・・・(お互い別の話題を考える)

ポーン 『そういえばルックさんは広島県出身でしたね?、
確か加計方面だと聞いたのですが・・』

出典元:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=広島県加計

僧正 『そうよ、今日は三次方面のワインの見学も兼ねてね、
その際彼の実家付近に行こうと思ったの、Ζ様からの指示、
それも合わせて探すつもりだったけど・・』

ワインのイベントは大勢の人を呼べると思う!

ポーン 『それってなんですか?』

僧正 『あの地域で取れる鉄を探すの、ルックを残すためにね、
彼の実家は元忍者で刀等をたたら製鉄で造っていたらしいわ、
彼は先祖の功労を何らかの形で残そうとしているの』

ポーン 『どうして鉄なんですか?』

僧正 『彼を組織に残すために刀鍛冶の設備を造るそうよ、
このままだと組織を離れて田舎暮らししそうだからね、
それなら組織内に設備があれば出ていく理由が無くなるわ』

ポーン 『でも・・それだけで引き留められるのですか?』

僧正 『本人は祖父の功労を継承出来ればそれでいいみたい、
それに実家は空き家で設備も売り払ったから何もないわ、
それなら材料だけ手配出来ればどこでもいいからね』

ポーン 『えっ?今までのは何もないのですか?』

僧正 『・・私の妹(クィーン)が全部売ったから・・』

ポーン 『・・・・・(お菓子代で消えたのですね)』

その後2人は交代で道行く人にチラシを配って時を過ごす、
なぜかアジアの言葉(タイ語等)を話せるポーンが大活躍、
道行く観光客に声掛けして何点か洋服を売っていた。

時は過ぎ・・閉店時間。

お店の掃除と片づけをしているとCちゃん達が出て来た。
その顔は清々しく(書類整理全部終わりました)達成感満載!
その顔を見た僧正とポーンは・・ちとムカついた(足止めにね)

さすがにまずいと思った若手たちは・・

お詫びとして広島各種のワインを購入してマンションで宴会、
試飲も兼ねて盛り上がる(なぜかジータ―とオメガも参加)
女性7人が揃うその雰囲気は・・バーのようだった(スタンド?)

こんな雰囲気です⇓

出典元:https://www.google.com/search?飲み屋のねーちゃん

ちなみにγ(ガンマ)とσ(シグマ)も広島に来ていたが・・
この2人も誘われたがすぐ逃げていた(危険と察知したようだ)

こうして7人は夜明けまで飲んでいて・・

そのまま雑魚寝をして日中を過ごしたとさ(仕事はどーした?)

めでたしめでたし!

つづく!

スポンサートリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加