サンフレッチェ広島選手名鑑!『アジアの大砲』高木琢也さんを振り返ってみる!

サンフレの顔と言えば・・初期は間違いなく彼だと思う。

出典元:https://www.google.com/search?q=高木琢也

う~ん心が暇じゃ!(サンフレのネタがないからね)
カシッチなどがTV出演してるがの~(時間短いよ!)
なんか・・心に響くことを書きたいもんじゃ!(保存版?)

Sponsored Link

この記事なんじゃがの~時間見て連載していきたいと思うんよ、
まあ忘れるかもしれんが(かなり適当だな)出来れば続けたい、
それには・・あなたの応援が不可欠なんよ(それはあるな)

別に・・

特別なことはする必要ありません、ただただ見てください!
知人などに紹介する価値あると思ったら・・このブログ紹介してね、
そんな気楽な感じで見てください(筆者頑張ります!)

では・・はじめます!(^^)v

本日取り上げるのは・・サンフレ初期メンバーでもある・・

高木琢也さん

『アジアの大砲!』

と呼ばれてた有名な選手じゃ!(サンフレの顔とも言えるね)
現時点V・ファーレン長崎さんで監督をしている(皆知ってるよ!)
8月に対戦あるから(そこ?)それも兼ねて書きたいと思う。

わしは・・昔書いたと思うが(どこかは忘れた!)お会いしたことがある、
確か府中町あたりだと思うがの~家電店で仕事してた時自宅に行ったんよ、
高木選手の新築工事中にの~エアコン設置してた時お会いしたんじゃ!

重い室外機を移動してた際、手伝いをしますよと親切に言ってくれた、
じゃがの~有名人を怪我させたら・・それこそ上司に怒られるからの~、
丁重に断わらせてもらった(万一の方が怖いからね)

そういう経緯もあって・・今回彼を書くことにしたんよ。

さて・・

マツダサッカー部からサンフレッチェ広島として発足した時にの~、
(1991年)プロ契約を結ぶ、日本代表にも選ばれてあの大会、
広島で開催されたアジアカップで決勝のゴールを決めて優勝に貢献

Jリーグが発足したのが1993年、人気選手として活躍する、
1994年にはサントリーシリーズ優勝の原動力として大躍進!
じゃがその年のチャンピオンシップでアキレス腱を痛める。

故障に悩まされながらもサンフレの中心選手として頑張ってたがの~、
今でも頭の隅にある1998年、サンフレを退団(というか追い出した?)
当時のサンフレは経営破たん寸前、経営陣は移籍金欲しさ?に放出する。

わしが・・今でも覚えている言葉があるんよ(たぶんこんな感じ)
TVでのインタビューでの~切なさを感じたよ(寂しかったな)

『提示された金額は・・出てもいいよ!という金額でした』

広島を去った後にな~彼の自宅を見に行ったんよ(見るだけね)
そしたら・・表札が変わっていた・・もういないんだな~と感じたよ。

その後はヴェルディ川崎さんやコンサドーレ札幌さんを渡り歩く(移籍!)
じゃが故障が負担となり2000年に現役引退(寂しかったな)
当時サンフレに無関心(というか経済余裕ない)のわしでも覚えてる。

その後は指導者に転向、横浜FCさんに在籍の時いきなり監督に抜擢、
いきなりJ2優勝を果たしJ1で・・じゃが故障者と選手層の薄さで陥落、
責任とるようにその年監督を解任された(頑張ったが周りに振り回された?)

2009年東京ヴェルディさん、2010年ロアッソ熊本さんの監督となる、
じゃどちらも長続きせず(というか戦力が細すぎた)解任の苦さを味わう、

2013年から(意外と長いんだな)今のV・ファーレン長崎さんの監督!
2度の昇格プレーオフ進出を経て今年J1の舞台で闘っている(苦労人だな)
んで8月・・監督として初のJ1の舞台でサンフレッチェ広島と戦うんよ。

前のアウェー戦ではこちらが勝ったが(2-0だね)あの時は連戦だらけ、
戦力の基礎がの~こちらがあの時勝ったが・・休養あったら互角かもしれん、
彼らには『勢い』があったからの~ある意味対戦時期に恵まれたかもな。

次の戦いを・・楽しみにしています(もちろん勝つのはサンフレだけどな)

個人的には・・

彼(高木琢也さん)とあの人(佐藤寿人さん)に広島に残って欲しかった、
あくまで個人の感想じゃがの~今のサンフレには・・

『歴史の箔』

が薄いんよ、記憶!と記録!が特に残ってる選手が次々移籍してるじゃろ?
森崎浩司さんや吉田安孝さん(元気丸)等頑張っているがの~(人数が欲しい)

『サンフレで生きてきた証人』

がもっと欲しいと思うのはわしだけかいな?

これからはどんどん出てくると思う(是非出てきてください)解説などでね、
もっとサンフレの歴史を深くするためにの~証人は欠かせないで!

わしみたいにの~喜怒哀楽激しく偏った偏見が多い人間よりはな(確かに)
サンフレで戦ってきた選手がの~別の道でも生きれることを伝えてほしい、
そうすれば・・次の世代が希望が持てる、将来の参考になるからの~。

高木琢也さんには・・その辺をかなり期待していたんよ。

じゃが人生は甘くない、自分が望んでもその場が無い、余所も選択肢じゃ、
人間食わんと生きていけない、同時に心境もあるじゃろう(郷土愛とかね)
この人が今広島におれば・・(解説等でね)と思うこともあるんよ。

今はJ1でのライバル!

これが現実!だったらの~その世界でお互い盛り上げよう!

と割り切るわしでありました!(オチがいまいちだな)

では本日はここまで!

またね!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加