自家用車保有ランキング!

自家用車のプライベート・仕事・保険・レンタカー・リース等、
保有ランキング形式で考えてみました!

Jpeg

今乗っている車、今後はどのようにお考えですか?
車の維持費は車種にもよりますが年間約80万円にもなります、
かなりの高額ですので・・出来るだけ抑えたいですよね?

ただ・・

仕事や通勤・買い物等では重要、特に地方では必需品です、
一家に2~5台所有している方も珍しくありません、それ故に・・
先での故障や老朽化に備え何らかの対策を考える必要があります。

それに加えて・・あなたのカーライフが快適でなければなりません
ただ保有するだけでなく人生を快適に過ごすためにも車は大事です。

こちらのサイトでは筆者が実際に体験したことを深くお伝えします。
この情報を元に・・あなたのカーライフがますます充実すれば幸いです。
様々な方法がありますので状況に応じた考えを参考にしてくださいね。

大きく考えると・・理想の保有は以下の4つと考えられます

1位 頻繁に車を買い替える。
2位 車検や故障が出たら買い替える。
3位 所有はせずにレンタカー・リースで済ませたい。
4位 出来るだけ長く乗り続けたい。

これらを実経験をもとに・・体験してきたことをお伝えします。

1位 『頻繁に車を買い替える』

予算があってお好みの車が多数あればこれが一番の方法です!
製造段階の問題でも無い限り一番安心して車を乗り続けられます。

特に人気車は(クラウンなど)製造年月が新しいほど高く査定してもらえます、
製造が追いつかない車種だと買った時より高く査定されることもあり得ます。
新車だと保証も当然ついてるので消耗品(ガソリン等)の心配だけです。

筆者は一度だけ新車から新車に買い替えたことがあります(軽から軽ですけど)
やはり安心度が違いましたね、前の軽はエアコンすらなかったのですが・・
新車に変えた時は『斬新』『興奮』でしたね(エアコン&ムーンルーフ装備)

Jpeg

Jpeg

ドライブ行くのが楽しくて・・県外など遠出ばかりしてました(充実の日々でした)
2年ほど乗って(交差点で事故)廃車になりましたが筆者は無傷でした(装備のおかげ)
今思えば・・車が私を守ってくれた気がします(最新車はその辺が充実してます)

ただローンが残りましたので(保険差し引いて約50万)次の車のローンの2重払い、
これは大変でした(お昼豆腐だけで過ごしたこともあります)突然だったもので・・
いきなり余裕がなくなる怖さは・・出来るだけ味わいたくないですね。

買い替える際は・・

下取り査定等を活用して『自分の財布からの出費』を抑えたほうがいいと思います、
青天井で予算があれば別ですが・・それでも過剰な出費は抑えたほうがいいです、
人生どんな形で災難がくるか分かりません!(広島の豪雨災害がいい例です)

『(車を)売るところと買うところは別!』

位のしたたかさがあってもいいんじゃないでしょうか?手間はかかりますが・・
交渉事を上手にまとめるのが一流だと私は思います。

『スポンサートリンク』

2位 『車検や故障が出たら買い替える』

一般的に多い方法ですね、3~8年位経過した車を買い替える方が多いです、
5年以上経過すると保障も切れますし、重要部品の故障も出始める頃です、
車検と重なると30万以上にもなるので、これを境に買替の方が多いです。

それと生活環境の変化(例えば結婚などで家族が増えた)もあります、
今までは趣味系の車に乗っていたけど、車検を期にミニバンに変えるなど、
ライフスタイルを大きく変化するきっかけにもなってます。

筆者の場合、先ほど書いたように事故(故障の範囲?)で車を失いましたが
中古のカローラレビンに変えました、軽だと人数乗せた時狭いのと力不足もあり、
当時走り屋ブームで(イニシャルD?)スポーツカーが欲しかったのもあります。

前の軽のローンが残ってたこともあり安いのを選びましたが(1500zi)
当初は助手席のガラスだけ色違いで(明らか様に事故車)さすがに文句言いました、
その後ガラスは交換してもらい(当たり前ですけどね)手入れしながら乗りました。

Jpeg

Jpeg

Jpeg

何度か修理をしましたが・・それでも12年16万㌔走りましたよ、
残念ながら車検の前にエンジンとオルタネーターがダメになり止まりました、
部品も一部ないと言われ、家族が増えた(結婚)のでハードトップにしました。

買い替える時は(中古は)前に乗っていたオーナーの性格が大きく左右します、
社用車など(筆者は今の車これを選びました)の場合経費になるので手入れします、
そのため多走行でも程度のいいのがあるのですが・・関心が無い方だと怖いですね。

中にはオイル交換すらしない方もいるので・・(さすがにこれは・・)

そのため中古を選ぶ場合は『2年程度の保障』がある車を選んだほうが無難です、
それらの車はプロがチェックしてる場合が多く、ある程度は修理してるからです、
その分高くなりますが『安全』を考えたらその方がいいと思います。

『スポンサートリンク』

3位 『所有はせずにレンタカー・リースで済ませたい』

最近増えている方法ですね、特に軽自動車に多い気がします
実際筆者の自宅近くには『月々1万円から』のお店が2店もあります(笑)
車に拘らないのであれは一番節約できる方法だと思います。

ほとんどの経費が(税金など)もコミコミなので深い知識は要りません、
定期的に調べてもらえば安心度も高いですしお財布にも優しいと思います
気をつけることは・・リースはボーナス払いが多いのもあるのでご注意を!

リース用のワゴンRを見せてもらいました(新車なので綺麗でした)

Jpeg

Jpeg

Jpeg

レンタカーもいいのですが・・時期によっては意中の車が借りれません、
特にミニバン(アルファード等)は連休の時すぐ予約で埋まるのでご注意を!
早めに予約が出来れば・・すごく便利ですよ!(筆者は要る時2カ月前から予約します)

それと・・レンタカーは走行距離多いです(このデミオは20万キロ走ってました)

Jpeg

Jpeg

『お客様』が乗るので当然整備はされていますが(掃除もしてあります)
ガソリンは満タン返し、返却が遅れたら追加料金等デメリットもあります、
一時的に使うには合理的ですが、頻繁に使うと所有より高くなる場合もあります。

他にも『カーシェアリング』と言う方法もありますが・・状況次第ですね、
『整備』『保険』などが備えているのであれば(使うのは)いいと思います、
ただ筆者は一部抵抗があります、『専門家』(業者等)が関わらないと怖いからです。

素人同士だと・・何か問題が出た際・・

『誰が責任取るのか?』

になりかねないからです、極端な場合(保険未加入など)を除き業者が対応します、
相手にはもちろん・・自分にも対応してくれるので安心度が全然違いますよ、
人生の中では予期せぬ事が起こるものです、『安心が高い』方法を選んでください。

4位『出来るだけ今の車を長く乗り続けたい』

長く乗り続けるメリット

● 慣れた車なので運転操作の間違えが少ない(駐車等)
● 新車購入時にかかる手数料などを払う必要がない。
● 車両は自分の意思で自由に使える等。(ローン等済んでいれば)

デメリット
● 年数が経てば経つほど傷んで修理が頻繁に増える。
● 13年以上経過すると税金が上がる。
● 最新性能がない(レーダーや自動ブレーキなど)

長く乗り続けるコツは・『整備をしっかり行う』ことです。
車は長く乗れば乗るほど傷みます、5~8年位乗れは重要部品が痛みます、
整備工場で直すのと同時に・・あなたの管理がより重要になってきます。

気をつけることは『車検』だけだと不十分なのです、大概の方は『車検』
さえ受ければ『安心』だとお考えの方が意外と多いのです。

なぜなら『車検』最小限の整備しか行いません『公道を走れればそれでいい』
程度の考えだからです、車検に通らない故障の場合(例えば部品保護ゴムが破損)
は別ですが、車検対象外の部品だと多少痛んでいてもスルーされるからです。

『車から異音が出てきた』
『車の下を覗くとオイルが漏れている』
『エアコンの効きが悪くなった』
『昔に比べ燃費が悪くなった』
『アクセル踏んでも重苦しい走りをする』
『ハンドルを真っすぐにしても斜めに走る』
『エンジン音が大きくなった』
『バッテリーランプが頻繁に点灯する』

などなど・・

これらは故障が近づいているサイン、早めに修理が必要です、
早めに修理しないと突然車が止まることもあり得ます。

あなたの車の調子はあなたしかわかりません、おかしいと感じたら、
すぐにでも専門家に相談してください、放置は非常に危険です、
早めの修理が長く乗り続けるコツなのです。

最近では(特に人気車では)中古の部品も数多くあります、
特に人気なのは『リビルド品』と言ってメンテナンス済の部品です、
保証もあって新品より格段に安いのでこれも検討する価値ありますよ!

筆者はエンジン交換もしました(リビルドエンジン本体約30万円)

筆者は今の車を気に入ってるのでまだまだ乗るつもりです。
重要部品はほぼ交換したので現時点すごく調子がいいですよ、
手間暇はかかりますが・・(それだけ愛着が湧きます)

気に入った車を乗り続けるのは気持ちいいですよ!

Jpeg

いかがでしたか?

参考になれば幸いです、色々な方法がありますのでご検討ください、
また気付いたことがあれば追加していきたいと思います(^_^)v

ご覧いただきありがとうございました!

『スポンサートリンク』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加