JTサンダーズ初優勝!猫田勝敏の無念晴らしたで~

長かったの~チーム創設から実に84年かかったんか?
天皇杯、黒鷲杯は獲ったが・・やはりリーグ制覇は
一味ちがうの~感無量じゃ!

Sponsored Link

猫田記念体育館、わし去年JTのファン感謝デーで初めて入ったが
1989年に完成したこともあり第一印象は『ちと古い』

あまりバレーボールに詳しくないわしでも猫田勝敏の名前だけは聞いていた
猫田記念体育館の中にあるギャラリーを見ながら彼の経歴を知った。

彼が1972年のミュンヘンオリンピックで金メダル獲得した素晴らしい
選手であることを改めて知り、その功績をたたえ記念体育館が出来たわけじゃが
意外にも39歳の若さでこの世を去っていたんじゃな(すごく残念)

『世界一はあるが日本一はない』

この言葉の通り、JTは創立から84年間一度もリーグ制覇なし(準優勝はあるが)
去年もあと一歩の所で力尽き準優勝、わしも無念じゃったが、選手はすごく
悔しかったと思うで、そのリベンジの熱意今シーズンすごく感じた

キャプテンの越川選手はじめ、新たに加入したヴィゾット選手、八子選手など
適材適所に専門家を配置したヴコヴィッチ監督の采配、これ見て今年は行けると
何となく感じたんじゃ。そしてそれは現実となった

NEC_0531

最初は歯車が少しずれていたが、わしが見に行った試合(地元開催少ないんよ~)では
苦戦しながらも勝利、試合後の挨拶聞きながら思わずわしJT優勝めざせ~と心で
応援していたんじゃ。

サンフレッチェもそうじゃったが、やはりプロで生きている以上優勝せんと格下に見られる
そういう意味ではJTに何としても優勝してほしかったんじゃ。天皇杯や黒鷲杯は制したが
肝心要のリーグ戦で勝たんと意味がない。

選手たちもたぶんそれ実感していたと思うで・・リーグ制覇をせんと意味がないとな

無念を晴らそうと必死な姿で勝ち星積み重ねていき、レギュラーシーズン1位で通過した時は
8割優勝実現すると確信した。やはり2位以下で通過したんでは意味がない、ポイント制が
幸いしたところもあるが(勝ち星はサントリーが1個多い)1位であることは変わりない

最後の決戦、相手がサントリーじゃけん苦戦は覚悟、第一セット獲れば行けると思ったわし
じゃがなかなか決着つかん、何とかJTが獲ったがスコア見たら41-39・・
これバレーのスコアか?と思わず突っ込みたくなる。それだけ熱戦じゃったということかの

それ以降はJTのペース、終わってみれば3-0のストレート勝ち!
越川選手のサービスエース決まった時は飛びあがって喜んだ!!

思わず涙したで・・やっと念願の優勝!サンフレの初優勝以来の感激じゃ!
地元のチームが優勝することはぶち嬉しい、ヴコヴィッチ監督ありがとう

NEC_0529

NEC_0530

敗戦続きの広島スポーツじゃが、JTが栄冠つかんだことで他も勢いつくじゃろ
やれば出来るんじゃ、いい刺激になって年末には皆笑える結果になってほしいの~

特にカープ!肝心要が勝てんようじゃ意味ないで、監督もじゃが選手も勉強が足らん
日々進化する相手投手に全然追いつけていないやんけ、JTの采配見習えと言いたい。

今何をすべきか?どうしたら勝てるか?JTはしっかり研究、改善して結果出したで
そこんとこ見習わんとな

来シーズンは猫田記念体育館でぜひ観戦したい。
わしまだあそこで試合見たことないけん・・ぜひ実現してほしいの~

そして・・・猫田記念体育館で胴上げ!それ願うで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加