広島サッカースタジアム深読み会議(その10)サンフレッチェサポーター評判全然聞かんで?

綺麗な華には棘がある(かーん!)まあ理想ではあるが(何が?)
このシリーズもう10回目か(長げ~よ!)はよスタジアム~!
とまあいろいろ書いていますが(あくまでわしの見解です)
なんとかサンフレに仰天プランを出してほしいが・・
もし次のカンファレンスで何もでなかったら・・マジ怒るで!

Sponsored Link

行政がだらしないのはわかるけど・・サポーターの熱意も伝わらん。
評判が全然ないようにしか感じないで(ホントにスタジアム欲しいのか?)
わしが細かい運動しかしてないから?(それならほんと申し訳ない)

さて今回は・・ちと広めの視線で考えたいと思う!
わしの勘違いや思いすごしなどもあるかもしれんが・・
深く考えず寛大な心でご覧下さい(かーん!)

女性の若手たち 『ねえねえ聞いた?』

男性若手たち 『おう!聞いた聞いた!指導者Bと若手Cが腕組んで歩いていた、
いつの間にあんな仲になっていたのかな?ほんと隅に置けないよ』

若手B 『悔しいわ~先越されたのね』

若手Z 『なんで?』

若手A 『だってそうじゃない、指導者AとBは凄く優秀だもん、さらにね・・
彼ら共同でかなりの財産あるらしいわよ、そりゃ女性陣狙うわよ~』

若手Y 『彼らは幼馴染みらしいな』

若手D 『女性指導者と3人が幼馴染みだそうね、家が近くでよく遊んだそうよ、
もっとも・・彼らは女性指導者の家来みたいな扱いだったそうだけど・・』

こんな感じ?(怖!)
62b9489b464bc1385fd798ce1d06d3b4_s

若手X 『つまり・・生まれたときから頭上がらない存在なんだね(気の毒)』

指導者A 『おはよう??おいおい・・何を騒いでいるんだい?』

若手たち 『おはようございます』

指導者A 『先日頼んでおいた広島の情報なにか掴めたかい?』

若手A 『はい、調べましたが現時点大きな動きはないようです、
サンフレが動くと思いましたが・・現時点中央公園の住民さんたちが、
年明けに質問状出すという程度の世界です』

指導者A 『となれば・・現時点サンフレがプラン作成の真っただ中?
と見るのが無難だな、建設費関連が大幅に増えるだろう、そうなると・・
生半端なプランでは賛同は得られない、どこまで予算を絞れるか?
この辺が注目だな』

若手E 『先日作者がない頭で簡易プラン作成してます、個人的には・・
絵心ないのはよくわかりましたが案としては妥当だと思います』

指導者A 『見せてくれ・・なるほど一理あるな、確かに騒音問題、
これが一番の懸念だろう、市民球場跡地なら必要ないのに・・ほんと、
広島市のお偉いさんほんとレベルが低いな、改めて呆れたよ』

若手W 『それと進言したいことがあります』

指導者A 『なんだい?』

若手W 『はい、サンフレのサポーターたちも現時点静観状態です、
外からの目線では・・彼らがほんとにスタジアムほしいのか?
疑問を覚えるくらい静かすぎます、この辺がよくわかりません』

指導者A 『考えられるのは2つだな、あえて動かないのか・・
それとも動く気がないのか・・私なら前者と見るがね』

若手W 『あえて動かないということですか?前にデモ行進・・
それをするかと思いましたが結局やらずじまいでしたね、
腹立つなら行動で示せばいいじゃないですか!その方が早い』

指導者A 『君の気持もわかる、だけどそれは筋違いだよ、
全体が固まらないうちは動かない方がいい時もある、気分としては・・
今すぐ動きたいサポーター数多くいるんだよ、作者のようにね、
だがそれをサンフレッチェが望まないとしたら?それこそ本末転倒だよ』

若手W 『おっしゃる意味はわかりますが・・私は不愉快です』

指導者A 『日本の諺(ことわざ)で面白い言葉があるよ、

『急がば回れ』

私はこの言葉最近になってわかるようになった、今回のサンフレ騒動、
人間の利害や執念、地元を思う心が複雑に絡み合うと本心がずれてしまう。
一度間を置くことで全体が見えるようになる、そこから修正しても遅くない』

若手W 『確かにそれもわかります、ですが時間がかかり過ぎだと思います』

指導者A 『広島市のお偉いさん達の無能ぶりに振り回されてる結果だな、
原点を辿れば若者たちが選挙を軽視していたと言わざるを得ない、
一度ダメだから・・その場で諦めて選挙投げたから老害たちが好きにする、
おそらくサンフレサポーターの一部そのような人もいるだろう、私から見ると・・
現時点ある制度をもっと勉強すべきだ、その中に答えはたくさんあるんだよ、
作者がもがき苦しんで活路を見出したようにね』

若手W 『例えば?』

指導者A 『そうだな・・面白い例が作者が先日書いたことだ、広島市から・・
市民球場跡地の管理権をはく奪させる・・これは多難だけど不可能ではない、
例外を築けばいいだけの話だ、私の案としては・・今すぐ募金始めることかな?
管理者さえしっかりしてれば今すぐ始めたほうがいい、1億でも集まれば・・
サポーターの信念を世に示せるからな、これはサンフレと話しをした方がいい』

若手E 『募金はたしかに今すぐサポーターが出来ますね、ですが・・
サポーターは市民球場跡地を望んでいるんでしょう?場所が変わると的外れでは?』

指導者A 『私なら・・どこであってもこの募金使ってもいいと訴える!
もちろん本命は市民球場跡地だがね、だがサンフレがここでいいと決めたなら・・
無条件でこの募金スタジアム建設に使ってもいいと!この方が合理的だよ、
もし私なら・・来年サンフレが開催するカンファレンスに出席出来るなら・・
これをサンフレに提案するけどね、おそらく作者も同じ考えだろう』

わしも一応用意してます(もうチョイあるけどね!)
68c9929ce61c166019cc0b5b43d6f520_s

若手D 『どちらに転んでもいいという考えなんですね』

指導者A 『これはサンフレとサポーターの信頼関係がないと出来ない話だ、
だけど私はこれがスタジアム建設の原点だと思う、本当に望むなら・・
この動きをするサポーターは大勢いるだろう、もちろん他のサポーター、
サッカーが好きな人、そうでなくても地元チーム応援したい方、
もちろんこのブログを見ているあなたも気持はあると私は信じている』

若手Q 『そうなると・・サンフレが雄叫び上げる必要ありますね(笑)』

指導者A 『そうなんだ、サンフレが雄叫び出さないと意味がない
彼らが原点でないといけないんだよ、もっと本音で動くべきだ、皆待っている、
出来るだけ早く方向性示して動いてほしい、待ちくたびれているんだよ』

若手F 『自分が動く方が楽ですね』

指導者A 『そうだね、自分が決めれるならさっさと決めるだろう、
しかし世の中が便利になり個人がさらに自己主張すれば物事はどんどんこじれる、
君たちの世代はいずれ広島のようなこじれに直面するだろうから・・
今のうちに反面教師の行動を把握しておき対策を考えたほうがいい
今日はこれでこの問題を終わらせよう』

若手たち 『わかりました!』

皆が休憩室に移動する・・(嵐の予感?)

指導者A 『それはそうと・・君たち朝何を話していたんだい?』

若手A 『若手Cと指導者Bさんが腕組んで歩いていたことです(直球)』

指導者A 『そうなんだ・・彼も隅に置けないな、いいんじゃないかな?
多少年齢が離れていてもお互いが認め合えばいいと思うよ。そうだな私も・・
そろそろパートナーを探さないとな』

女性指導者 『何言ってるの?あなたには私がいるじゃないのよ!』

指導者A 『うわ・・!でた!』

女性指導者 『何が出たのよ?』

指導者A 『セイレ・・いやいや今日も綺麗だね・・髪型変えたのかい?』

女性指導者 『何か引っかかるわね・・まあいいわ!ちょっと顔貸して』

指導者A 『いやしかし・・今から会議あるから・・』

女性指導者 『そんなのは後回しでいいわ、早く来なさい!』

こうして指導者Aは連れて行かれる・・(どこに?)

若手たち 『どこに連れて行かれるんだろう?』

若手Z 『この続きは・・次回に持ち越しだな・・やれやれ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加