広島東洋カープは独特な名字の宝庫!『梵』よこれからどこへ行く?『自己評価』だけでは難しいで~!

写真出典元:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=梵英心

あるTV番組での~カープは独特な名字の選手が多いとあった、
確かに言われてみればたくさんおる。(敬称略で書きます)

新旧問わず大雑把に書き出してみるとな・・

北別府、畝、大瀬良、九里、堂林、丸、下水流、會澤、東出、
迎、森笠、佐々岡、菊地原、倉、梵、塹江、一岡、床田、衣笠、
磯村、船越、坂倉、美間、野間、赤松、井生、小窪、天谷、白武、
鞘市、阿南、安仁屋、鵜狩、長内、苫米地、長冨、仁平、乗替、
根建、廣瀬、外木場・・・(知らない選手もたくさんいますね)

Sponsored Link

その代表格の梵選手・・彼が今もがいている(大変だね)

昔は『梵』『東出』の名前が頻繁に出ていた時期があったの~
わしとしては・・正直この2人はあまり応援していない(なんで?)
理由は簡単、成績は出したが肝心要の時に凡退が多かったから・・

そりゃ人の評価は様々よ、じゃがわしはこの2人をなぜ出すのか?
その辺がよくわからんかった、故木村拓也さんや木村正昇吾選手等、
活躍しそうな選手もおったけん球団のえこひいきにしか見えんかった。

時が過ぎ・・

菊池田中(田中はちと守備に難があるが)鈴木誠也等実力がある選手、
それらを使いだした時わしは・・

『やっとカープも本来の選手起用になったの~』

と安堵感あふれたのを未だに思いだす(監督はまだ雰囲気残っているけどね)
低迷期を支えてくれたことには感謝するがの~じゃが力不足は否めなかった、
どーしても球団オーナーのお気に入りで出場してるようにしか見えんかった。

地元マスコミもな~『走れ東出!梵!』のキャッチフレーズばかり・・
あの時から過剰な期待押し付けられていた感じばかり、うんざりしてた、
2012年ごろかの?カープがあと一歩でクライマックスシリーズ逃した。

あのあたりからわしカープに冷めだした、必死で応援していたんじゃがの~、
なんか手抜き采配で負けた感を今だに思い出すんよ・・(なんで?)
下手に勝ったら選手の年俸増えるから負けろ!的な試合に見えたんじゃ。

例えるなら去年のCSよ、同じ轍を繰り返した緒方監督と大胆なラミレス監督、
逆ならよかったんじゃが・・肝心な時に玉砕覚悟で動かないカープじゃけんの~、
ほんと残念、なんとかしてファンに歓喜を!わしはそのタイミング逃したんよ。

今日TVで見ていたら・・

その梵選手が地元TVのインタビューに答えていた(その後の予定は空だそうで)
何とかして野球がしたい・・その気持ちは見えたがの~なんか頂点に拘っている

わしも今転職を検討しているが(給与少ないからね)不安さはすごく感じるんよ、
カープを除く11球団と大リーグ・・アプローチしたそうじゃがまだどこも返事がない、
黙々とトレーニングしているが・・端から見るとタイミング逃したように見える。

ケガがあるからしゃーないにしても・・自己ベストを優先しすぎて好機を逃した
わしはそう見える、わしならカープ在籍中に手当たり次第アプローチするがの~・・
それがダメならランクを落とす(独立リーグなど)その選択肢はなかったようじゃ。

わしが今感じているのは・・(あなたも参考にしてね)

自己評価と他人評価はものすごいズレがあるんよ!(具体的には??)
自分では心機一転!リセットしたような気持で新天地を迎えたいと思うが・・
相手は・・その気持ちを受け入れる気はありません(というかめんどくさい)

というのも・・

社会情勢を知らない若者の場合、自分たち(会社側)は扱いやすいので雇うんよ、
ある意味自分たちが優位に立ちたいためにな(例外もあるけどね)
じゃがの~ある程度社会に揉まれた猛者は・・その考えが気に入らないのよ。

大概(特に日本は)会社側は優位に使いたいけん若者を優先的に採用するんよ、
多少グレーでももみ消せるけんの~じゃが年配層はそれをすぐ見抜いて声を出す、
公平な待遇、扱いを求めるためにな(筆者がまさにそれ)じゃけんズレが出来る。

じゃが・・

日本の場合最終決定者をうやむやにすることでその声を受け止めない(まあね)
社長が言っても幹部が反対することも多い(というか腹の中はお互いその気はない)
あくまで表面は公平を促しているけど・・実際はやりたいことだけやるんよ。

特に日本のプロ野球は12球団しかない、ある意味選び放題の世界なんよ、
飛びぬけたのは競合あるけどな、じゃが結構スムーズに選手選ばれているじゃろ?
そんな世界で・・頑固系の選手選ぶと思う?話題なければ蚊帳の外なんよ。

他人評価はそんなもの、よほど美味しい見返りがあるか・・やむない時だけ採用する、
わしが今動いている(慎重にね)のもそれなんよ、やむない時期が来たから動いてる、
今世の中は人材不足、ならやむなく採用する企業も当然出てくるんよ。

じゃが今の会社も・・いいところは評価せんと不公平(わしがそれしたら本末転倒)

感情のコントロールですごく落ち着かないこともある、またものすごい疲れが出てくる、
だけど動かないと・・見えない不安や疑問に心がつぶされてしまう、それは嫌なんよ!
いいとこ取りに見えるじゃろう、じゃが動いて納得したほうが精神的にもいいんよ。

肉体疲労より・・精神的疲労の方がすごく大変!

その辺がわかってないとモヤモヤが消えない、多分梵選手もそれ感じていると思うで、
転職で試行錯誤しているわしが梵選手にアドバイスするとしたらの~・・・

彼は・・

『純粋野球がやりたい』

のではなくて・・

『純粋に・・『プロ野球』で野球がやりたい!』

これを勘違いしているように見える、それがあるから見向きもされんのよ(需要ないね)
記録もあるけんの~そりゃ拘るのはわかるよ、じゃが他人にしてみたら見返りがない
一方通行なんよ、それを理解してないからトレーニングばかりでストレスがたまる。

『プロ野球』

は興行の場なんよ、儲けを追求する場なんよ、人の利害が交差する稼ぐための場なんよ、
その場で『純粋』に野球を楽しむのは若手や中堅、新井のようなプライドを捨てた者、
拘るだけの梵選手にはその場がないんよ、何かを対価に出さんとな(それが見えてないね)

わしが梵選手ならの~・・こうやってPRする!

『お願いします!気になる記録が達成出来たらあとはコーチでも育成でも構いません!、
その話題だけでも御社(どこかのチーム)には損はないかと思います!お願いします!、
(プロ野球に)見切りをつけるチャンスを下さい!年俸はいくらでも構いません』

とにかく・・その場に立つチャンスを得るために・・プライドをまず捨てる。

一度入れば・・あとは実力だけよ、活躍すれば次の場に立つチャンスが出来るかもしれん、
そこで活躍出来なければ・・割り切って引退する、その位の覚悟でないと道はないで!

この声がとどくといいの~(ほんとにね)

あまり応援はしていなかったわしじゃが・・カープを支えた功労者であることは確かじゃ!
もがいている姿を見るのは切ないよ、その位の執念を今見せてほしいもんじゃ!
わしは成功を祈ることしか出来んけど・・頑張ってほしい!(結果出るといいね)

では本日はここまで!

またね(T_T)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加